DUB HOTEL @ 7th Floor

Posted on: June 9th, 2012 by Rika
6月30日(土)開催のパーティー「DUB HOTEL」のフライヤーデザインを担当しました。フライヤーを担当するのは今回が初ですが、DUB HOTELは09年から不定期に開催され続けており、知る人ぞ知る良質なパーティーです。初夏の週末ということで、リゾート風味なコラージュにしてみました。紳士なDUBフリークも日焼け美女もカモン!Enjoy the excellent music for all Dubbers!!
DUB HOTEL

開催日時 : 2012年6月30日(土)/ 23:59 Open, 24:00 Start
会場 : 7th Floor
住所 : 〒150-0044 渋谷区円山町2-3 O-WESTビル7F
TEL : 03-3462-4466
DOOR : ¥2,000

Live :
Cutsigh (audio active / DELMAK)
AO INOUE (ex.Dry&Heavy)
tickles

DJ :
坂口修一郎 (Double Famous)
大和田格生
Shiratori Nepalman (Phaseworks)

Cutsigh(audio active / DELMAK)
audio activeのギタリスト。'08年にはJemapurとDELMAK名義でalbumを発表。2011年、1stソロ・アルバム"Pipedreams"をカセットテープでリリース。
http://cutsigh.tumblr.com/

AO INOUE(ex.DRY&HEAVY)
日本が世界に誇るレゲエ・バンド、DRY&HEAVYに参加しシンガー/MCとして国内外多数のフェスティバル、イベントに出演。並行して精力的にDJ活動を展開。roots reggae、dub、dancehallを軸にhouse、techno、jungle、drum&bassとジャンルにとらわれない逸脱したフリーキーなプレイ・スタイルにコアなファンも多い。BRAINFEEDERやON-U SOUND 30周年イベントへの出演などDJとしての注目を集める中、トラック/ビートメイカーとしての才能を開花させたソロ・デビュー作"ARROW"を昨年12月にリリース。そして先日行われたSonarSound Tokyoへの出演、4月18日には配信限定のデジタルEP"Scared Version-EP"のリリースと今年に入り更に精力的な活動を行っている。
http://www.beatink.com/Labels/Beat-Records/Ao-Inoue/

tickels
ピアノ、シンセサイザー、フェンダー・ローズ、ピアニカ、オルガン、鉄琴、オルゴール、ギター、ベースと様々な楽器を駆使しながら感情的なメロディーと心地良いリズムを生み出していく、鎌田裕樹による電子音楽団tickles(ティックルズ)。'06年に1stアルバムをリリース後、バルセロナやローマ、韓国などを巡ったでは、人力の生演奏を取り入れたライブ・パフォーマンスで大きな賞賛を得る。自身のレーベルよりリリースされた2ndアルバム"today the sky is blue and has a spectacular view"は、'08年度iTunes Store BEST JAPANESE ALBUM賞を受賞。'11年、次なるステップへと進むべく<MOTION±>と契約し、去る4月25日に待望の3rdアルバム"on an endless railway track"をリリース。柔らかいビートの上で胸を震わせる旋律が幾重にも交錯していく夢幻のサウンドスケープは、聴く者の心を捉えて離さない。
http://motion-pm.com/
http://www.mad-agascar.com/

坂口修一郎(Double Famous)
90年代より無国籍楽団Double Famous(ダブル・フェイマス)のオリジナルメンバーとして、フジロックを始めとする各地の野外音楽フェスに多数参加するなど活動を続ける。DJやソロアーティストとして様々なプロジェクトに参加。2004年にプロデューサーとして代官山UNITを立ち上げた後、現在ではジャンルを越境したイベントのプロデュースに多数携わっている。最近では東日本大震災支援で緊急来日したジェーン・バーキン・バンドをコーディネートし、その後ワールドツアーに同行。大きな話題を呼んだ。 2010年からは自身の故郷である鹿児島で体験型の野外イベントを主催。
http://www.doublefamous.com/

on facebook http://www.facebook.com/dubhotel.japan
DUB HOTEL is backkkkkkkk!!! http://dub-hotel.com/index.html